Android_IKEv2接続方法

Android – IKEv2

 

1. Google Play を利用できる方は、「strongSwan VPN Client」で検索 OR「このリンク」をクリックして、インストールする。

android_i01

※Google Playが使えない方、「このリンク」をクリックして、インストールする。

2. 画面右上の ADD VPN PROFILE をタップ。

android_i02

3. 設定項目を入力。

android_i03

4. 接続をクリック、[OK]ボタンをクリック。

android_i04

5. 接続完了。

android_i05

Mac_IKEv2接続方法

Mac OS – IKEv2

1. システム環境設定を開く。

mac_01

2. ネットワークを開く。
mac_02

3. インターフェイスの選択。

mac_ikev2_03

① ウインドウ左下の [+] をクリック。

② インターフェイス=「VPN」を選択。

③ VPNタイプ=「IKEv2」を選択。

④ サービス名=任意 例)ikev2。

⑤ [作成]ボタンをクリック。

4. ネットワークを設定する

mac_ikev2_04

① 先ほど作ったサービス[ikev2]を選択。

② サーバーアドレスにメールにて案内した接続先サーバー を入力。

③ リモートIDに接続先サーバーを入力。

④ [認証設定…]ボタンをクリック。

5. 認証設定

mac_ikev2_05

① 認証設定=「ユーザー名」を選択。

② ユーザー名にメールにて案内したユーザー名(アカウント)を入力。

③ パスワード欄にメールにて案内したパスワードを入力。

④ [OK]ボタンで閉じる。

⑤ [詳細]ボタンをクリック。

6. オプションのタブを設定

mac_06

① すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信にチェックを入れる。

② [OK]ボタンで閉じる。

7. 接続。

mac_ikev2_07

[接続]をクリックし、上の状況が[接続済み]になれば、VPNの接続完了です。

最後に[適用]ボタンを押して頂くと設定が完了します。

 

iOS_IKEv2接続方法

iOS – IKEv2

1. 設定→VPNを選択。

iphone_i01

2.VPN構成を追加画面をタイプ。

iphone_i02

3. 設定項目を入力。

iphone_i03

4. VPNをオンにする。

iphone_i03

5. 接続完了。

iphone_i04

 

Win10_IKEv2接続方法

Windows 10 – IKEv2

1.「設定」画面のネットワークとインターネットを開く。

win10_01

2.「VPN」をクリックし、VPN接続を追加するをクリック。

win10_02

3.VPN接続を設定。

win10_i03

① VPNプロバイダー=Windows(ビルトイン)を選択。

② 接続名=任意 例)ikev2。

③ サーバ名またはアドレス=メールにて案内した接続先サーバーを入力。

④ VPNの種類=IKEv2を選択。

⑤ サインイン情報の種類=ユーザー名とパスワードを選択。

⑥ メールにて案内したユーザー名(アカウント)とパスワードを入力。

4.設定画面よりアダプターのオプションを変更するをクリック。

win10_i04

5.設定したVPNのアイコンを右クリック→プロパティを開く。

win10_i05

6.セキュリティのタブを開く。

3

① VPNの種類=IKEv2を選択。

② データの暗号化=暗号化は省略可能を選択。

③ 認証=拡張認証プロトコル(EAP)を使う

④ 拡張認証プロトコル(EAP)を使う=Microsoft:セキュリティーで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)を選択。

⑤ [OK]をクリック。

7. ネットワークのタブを開く。

win10_i07

① インターネット プロトコル バージョ4(TCP/IPv4)を選択し。

② プロパティをクリック。

8. 詳細設定をクリック。

win10_i08

9. リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使うにチェックが入っているかを確認。

6

10. インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)も同じような操作を行ってください。

7

11. VPN画面に戻り、「接続」をクリック。

win10_i11

 

Windows10でamazonが開けない場合

1.「C:\Windows\System32\drivers\etc」をコピーして、フォルダーに貼り付けて、ENTERを押す。

1s

2.「hosts」をダブルクリックして、「ワードパッド」で開く。

4秒

3.「52.222.255.232 www.amazon.co.jp」、「52.84.48.99 sellercentralamazin.co.jp」と「54.240.250.142 catalog-sc.amazon.co.jp」を追加。

6s-1

4.①「上書き保存」、②「はい」をクリック。

7秒

L2TPエラー789に関しまして

err789

1.Windowsの「スタート」メニューの検索窓に、”regedit“と入力して、ENTERを押してください。
1

2.「管理者の権利」が表示されるで、「はい」をクリックしてください。
2

3.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Rasman\Parameters
という名前のレジストリのサブキーを検索して、クリック
_r1_c1

4.編集メニュー上で、新規を選んで、DWORD (32bit)値をクリック
1_r1_c1

5.New Value #1 box内でtype “ProhibitIpSec
(これは大文字と小文字を区別します。スペースはありません。)を入力して、ENTERを押してください。
2

6.ProhibitIpSecを右クリックして、 変更を選択。

7.データのボックス内に、”1“と入力して、OKをクリックしてください。
3

8.編集メニュー上で、新規を選んで、DWORD (32bit)値をクリック。

1_r1_c1

9.New Value #1 box内でtype “AllowL2TPWeakCrypto
(これは大文字と小文字を区別します。スペースはありません。)を入力して、ENTERを押してください。

4

10.AllowL2TPWeakCryptoを右クリックして、 変更を選択。

11.データのボックス内に、”1“と入力して、OKをクリックしてください。

5

12.完了したらコンピューターを再起動してください。

 

この方法で接続が解決できない場合は、別の端末でVPN接続するか、OSを最新版の製品にアップグレードしてください。

VPN機能付きルーターでより快適にインターネット生活

平素よりスイカVPNをご利用頂き誠にありがとうございます。

スイカVPNでは、VPN機能付きルーターのご使用をお勧めしております。
※現在ご利用のルーターがVPN機能付きでない場合は、新たにご購入が必要になります

VPN機能付きルーターをご利用頂くと複数人、複数端末に同時に接続する事が出来ます。
ルーター管理画面にてVPNアカウント情報を設定するだけで簡単に設定が出来ます。
また、VPNのON、OFFも管理画面から行えます。

VPN機能付きルーターで、より快適なインターネット生活をご検討下さい。

691のエラーで接続が出来ない場合

エラー691はID名やパスワードに誤りがある場合に表示されます。
大変お手数ですが、一度端末からVPN設定を削除頂き
新たにVPN構成を作成する事をお試し頂けますでしょうか。
その際に、IPアドレス、接続ID、パスワードにお間違いがないか再度ご確認下さい。

また、時間をおいて接続をお試しいただくか
一度、パソコンやルータの再起動
アカウント情報の削除と構成の再入力を
お試し下さいますようお願い致します。

iOS10 L2TP接続の設定方法

STEP-1
【設定】を選択してください。
1
STEP-2
【一般】を選択してください。
2
STEP-3
【VPN】を選択してください。
3
STEP-4
【VPN構成を追加】してください。
4
STEP-5
【L2TP】を選択してください。
5
6
STEP-6
設定項目を入力します。
共有シークレットは半角英数字で“suika”と入力ください。
7
画面右上の完了をタップ
STEP-6
画面最上部にVPNの表示がでれば接続成功です。
8

iOS 10 および macOS Sierra にアップグレードする前に PPTP VPN の削除に備える

【注意】iOS 10 および macOS Sierra にアップグレード時のご注意

iOS 10 および macOS Sierra は、PPTP方式によるVPN接続が出来なくなるようです。
スイカVPNも対応しているL2TP/IPSec方式での接続は、引き続き利用出来るようですが、
PPTPに比べて速度が低下や接続が不安定なことが多いため、OSをアップグレードする際にはご注意下さい。

詳しくはAPPLE社のサポートページをご参照下さい。
https://support.apple.com/ja-jp/HT206844